案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2018年2月16日金曜日

続) 昭和42年春 長崎の街に昭和の風景が

2014年7月の記事
昭和42年春 長崎の街に昭和の風景が溢れていた頃 に載せた2枚の写真。

1枚は、前方右手に教会風の建物が見え一体どこからこの写真を撮ったのか? そのままなっていて、すっかり忘れていた写真。先日「右手の教会風建物」は浦上天主堂です、のコメントを戴き、建物を照合してみると確かに浦上天主堂の建物でした。

であれば、この写真、大浦天主堂辺りの高台から撮ったものではなく、こんな近くに浦上天主堂が見える場所は大浦天主堂とは全く別の場所であることが判明。
当日の行動記録を読んでみると、石橋あたりで長崎電軌を撮ったのち、長崎駅に戻り「市内めぐりバス」に乗っている。バスのコースは長崎駅→大浦天主堂→グラバー邸→唐人館→市内抜けて→文化会館→平和祈念像とあった。大浦 浦上天主堂のすぐ近くに来ていたのだった。

前回の記事のキャプションはこんなであった↓     長崎の街 1967.03.02
撮影場所が不明だが、たぶん大浦天主堂あたりの高台からか? 右手の教会風建物などから撮影位置を割り出してみる楽しみがある。(カメラのレンズは45mm)

Googleアースで原爆資料館から浦上天主堂の方向を見る。

浦上天主堂の角度と背後の山並みから、写真の撮影場所は長崎原爆資料館でしょう。

浦上天主堂を拡大してみると。


そして同じところからもう一枚の画像。

ここは爆心地公園であった。
2枚の写真は意図があって撮った筈だが、50年前の記憶は完全に消えていた。

2018年2月14日水曜日

広田尚敬「 Fの時代」

品川にあるニコンミュージアムで1/5~3/31日まで開催中のニコン企画展、広田尚敬「Fの時代」を見てきました。昭和36年~昭和45年頃まで「ニコンF」で撮影した60点あまり。蒸気機関車はやはりモノクロに限るであった。

機関車のディティールを潰さず、どうしてこんなに白と黒の階調がきれいに出るのか、プロカメラマンの光の捉え方や機材もさることながら、今ある最高レベルの技術で処理印刷されているところが大きいのでしょう。写真の躍動感は広田尚敬プロならでした。
特に人を入れた客車内がなんと魅力的か、最も汽車を感じさせてくれた。
今回の作品は2009年発行の写真集「Fの時代」に収録されたものだそうです。

ニコンミュージアムの一角に写真展会場があった。

2018年2月10日土曜日

昭和53年 赤城山麓 上毛電鉄

赤城おろしの空っ風が吹く大湖を訪れたのは、すっかり鉄撮りもやめていた昭和53年の1月であった。私の鉄道モノクロネガの最後になる。
あの頃、東京に近い中小私鉄の中で上信・上毛電鉄は魅力乏しい路線がであったが、40年が経って当時を写真で見ると、カレー色の生え抜きデハ100形やデハニ52が走っているだけで上毛電鉄も魅力的な時代であった。

この頃はマイカーを利用して撮りに行けるし、カメラも一眼レフに交代し、土日にどこへでも撮りに行けたのに、鉄撮りは中止。1970年代になっても関東一円にまだまだ魅力ある私鉄路線があったのに惜しいことをしてしまった。


今やすっかり有名になった大胡の車庫。1978.1.14 

大胡駅の風景。デハ81(元東武)  

赤城おろしの空っ風に吹かれて走るデハ100形。

カレー色した生え抜き電車。 デハニ50形52


空っ風吹く桑畑を行く デハ800形801。



西武のクモハ351形とクハ1411形がどっと入線してきた頃。大胡


2018年2月3日土曜日

沼尻のセタと硫黄積込場

オリンパスペンSで撮ったセタ。
沼尻硫黄鉱山の硫黄を沼尻駅から川桁駅まで運んだ3t積のセタ。
地方私鉄の軽便貨車としては最小クラスで、これより小さな簡易型だとトロッコの世界に。
セタは私の軽便趣味の限界に位置するような貨車でした。
沼尻には溶け込んだセタだが、他の軽便(地方私鉄)には似合わないでしょう。

沼尻までゴンドラで降りて来た硫黄をセタに積み込む、こんな積込場の施設だけでも興味深々で残して欲しかったものです。

撮影:1964.1.2~3

美しい?セタ28  沼尻
セタ39の採寸1964年1月 車輪径368Ф 390

セタ11 沼尻

セタ31  川桁

沼尻の硫黄積込場とセタ
 
デルタ線と積込場があったところ。 2003.11.22

2018年1月30日火曜日

仙台鉄道のキハ4

正月に栃尾線の長岡駅風景でスタートし、今月の最後は仙台鉄道で、1月は全てナローの記事となりました。やはりナローは話題が尽きない。
仙台鉄道は2011年11月に1回だけ紹介してあります。今回も大学鉄研OBにもらった写真です。
この仙台鉄道のキハ4、仙北鉄道 築館線を走ったキハ3(昭和9年日車製)と似たような小さな2軸気動車で、とてもシンプルです。いかにも模型化し易そうで、どこかから模型が出ているかも知れません。


キハ4の床下。狭い床下にエンジンが収まっている。 加美中新田 

キハ4。 昭和15年丸山車両製作所製    昭和35年頃


仙北鉄道ハフ407(元キハ3)。瀬峰 1964.8.4

仙北鉄道ハフ407(元キハ3)。瀬峰 1964.8.4


仙北鉄道ハフ407(元キハ3)。


2018年1月22日月曜日

屈足営林署

大学鉄研の先輩竹下氏の写真から。
昭和35年頃に撮影したと思われる屈足営林署。

北海道の簡易軌道、森林鉄道の大家にお聞きしたところ、屈足にある屈足営林署の土場から十勝上川森林鉄道が運行されていたそうで、十勝上川森林鉄道(1950年~1966年)は林野庁帯広営林局新得営林署管内の上川郡新得町で運行されていた。

1961年発行 小熊米雄著「日本における森林鉄道用蒸機機関車について」より
H:十勝上川森林鉄道  新得から出ていた北海道拓殖鉄道の沿線に屈足がある。
B:置戸森林鉄道
D:トマム及び陸別森林鉄道
E:ムリイ及び上丸瀬布森林鉄道
G:層雲峡森林鉄道

 ハフ119+ハ2 屈足

 ハフ118 屈足

ハフ3 屈足

2018年1月21日日曜日

歌登村営軌道

大学鉄研の先輩竹下氏の写真から。
昭和37年の国鉄監修時刻表に載っていた簡易軌道 歌登村営軌道
昭和35年頃と思われる風景二点。

加藤製+コホハ44  歌登

コホハ44(旧十勝鉄道)   小頓別

2018年1月17日水曜日

駿遠線 鞆鉄道からやってきた気動車

駿遠線には鞆鉄道からやってきた片ボギー車C12とC13がいて、C13はボギーに改造されD13になった。鞆鉄道からやって来たのは更にボギー車D11もいた。
見たことはないが、いかにも駿遠線らしいこんな良き時代があった。

片ボギー車キハC12。 昔の鉄道模型趣味誌に車両竣功図が掲載されたことがあった。両側にあったカゴが無くなっている。満員の乗客乗せて大手に向かうのでしょう。

キハC12単軸側の拡大

1/80ナロー10.5mmゲージ

キハD11。 一見、片ボギー車キハC1のように見えるがボギー車で、元は鞆鉄道のWルーフ車だった。

撮影日は不明、場所は新藤枝でしょう。
先輩の写真から。

2018年1月15日月曜日

廃線から半年後の沼尻駅

沼尻鉄道(磐梯急行電鉄)が営業休止したのは1968(昭43)年秋、廃止は1969(昭44)年4月1日で、その年の11月に撮ったこんな写真が出てきました。

安達太良山登山から沼尻に下り、中ノ沢温泉で見つけた客車とDCを撮ったあの日です。ネガに写っていなかったので山仲間が撮ったのでしょう。

 1969年11月、沼尻の駅舎はまだ移動していなく、ホームと駅舎はそのままであった。既に走っていない廃線後の遺構には全く関心がなかった私は1枚も撮らなかった。


現役時代の沼尻駅。1964年1月

1984年8月 移動後の駅舎

2018年1月12日金曜日

オリンパスペンS

オリンパスペンSで撮った花巻軌道線の西公園停車場。1964.08.02
待合室には客が何人かいて外のベンチでは昼寝している学生風、まるで宮沢賢治が出てきそうな駅。
わたしの帽子の静寂と風の塊  いまくらくなり電車の単線ばかりまつすぐにのび レールとみちの粘土の可塑性  宮沢賢治『風の偏倚』より。

オリンパスペンSで撮った花巻軌道線の一休み。