案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2017年12月6日水曜日

頸城の車両3

撮影:1962.8.3
浦川原から貨車を牽いて新黒井に向かうホジ。 明治村

夏の新黒井
薪を満載した小さな貨車トフ1。こんなものまで模型製品化されているとは驚き!! 

新黒井駅舎。


夏の百間町
1962年の百間町時刻表。
コッペル 2号機

0 件のコメント: