案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2017年5月18日木曜日

昭和38年 上野駅

昭和38(1963)年の上野駅といえば、写真家 本橋成一氏の「上野駅の幕間」1979~1982年から更に16年以上も昔の上野駅ということになります。時代をさかのぼってもあの「上野駅の幕間」の風景はあまり変わっていないようです。上野駅の風景は宝の山であった。

上野駅 1963年3月16日 撮影:田辺多知夫氏



6番線からC58の客列車が発車する.成田線でしょうか.


4 件のコメント:

Cedar さんのコメント...

上野駅の幕間~いい写真集ですね、未だにたまに本棚から出して眺めてます

katsu さんのコメント...

Cedarさん
写真集「上野駅の幕間」をお持ちでしたか。
この写真集は小ぶりなサイズでよけいな言葉が入っていないですね。
上野駅発の夜行列車に何度も乗ったのに私は当時の上野駅を一枚も撮っていません。
あの時に駅を撮る意識があれば今頃どれだけ楽しめたことでしょうか。

esehoku さんのコメント...

「上野駅の幕間」は知りませんでしたが、なんとも懐かしい風景ですね。
個人的には夏の帰省ラッシュが思い出されます。
蒸し暑い中(とはいえ、今の暑さと性質が違っていたと思いましたが)、ホームに新聞紙を敷いて夜行の急行を待ったものですが、タバコの匂い、弁当の匂い、ワンカップやツマミ(もっぱらサキイカ)の匂いなんかが渾然一体としていた、あの猥雑さが上野駅だと、子供心にも感じていました。
冬は冬で、電気機関車の牽引する旧型客車と、立ち上る暖房の蒸気…EF57とかEF58なんて千両役者が揃っていましたね。

katsu さんのコメント...

esehoku さん
上野駅、ほんとうに千両役者の列車がそろっていましたね。
でも何も撮らなかった、ましてや上野駅ホームの光景など1枚も撮らなかった。悔しい想いです。
当時の上野駅光景が数十年後の今、まさかこんな想いになるとは夢にも思いませんでした。
さらに10年20年経てば益々その思いは強くなることでしょう。