案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2012年4月29日日曜日

昭和51年の小松駅

1976(昭和51)年の小松線は既に金石線のモハ3000形5両がそっくり入線していて小松駅には5両が留置されていた。小松線はこの後1986年の廃線まで10年間存続した。

隣の尾小屋鉄道は廃線1年前で構内の線路もだいぶ外されて寂しくなっていた。
初めて見た1962年から14年も経っていてよく生き延びたものである。
散々楽しませてもらった尾小屋鉄道を見るのもこれが最後となってしまった。

小松線小松駅のモハ3000形5両.  1976.04.09


最後を迎えた尾小屋鉄道 新小松駅

新小松駅の先に延びていた留置線がなくなり駐車場になっていた.

新小松駅前の賑わい. 1976.04.09
鉄道施設はバスに転用されて行き、新小松駅は尾鉄観光バスの拠点だったのでしょう.
この翌年3月に尾小屋鉄道は廃線となり小松バスとなった.


尾小屋鉄道の車庫はかなりのスペースが尾鉄観光バス用になってしまった.クリックで拡大
バスを横目にひっそりと出発して行くキハ3. 手前の立派な線路は北陸本線.

2012年4月28日土曜日

北陸鉄道 小松線2

その後小松線を訪問したのは仕事で小松へ出張したついでに立寄った1967年と1976年の2回だけで、
尾小屋鉄道のついでに小松線を訪問したのは初回の1962年だけでした。
やはり尾小屋鉄道訪問時は小松線まで手が回らなかったということに。

初回訪問から5年経った1967年はまだ2両の小型車モハ1000形が健在で、北陸鉄道金石線からきたモハ1201も見られた。ともに全長11.8mの小型車で日鉄自動車製と木南車両製で似たような電車をよく揃えたものである。前回(1962年)に見た雑多な車両達は一掃されてしまったようだ。


小型車モハ1001(車庫)と1002(駅).小松   1967.09.29

2012年4月27日金曜日

北陸鉄道 小松線1

北陸鉄道の紹介で最後となった小松線です。

尾小屋鉄道と小松線を初めて訪問したのは1962(昭37)年であった。
この時に見た単車やトレーラの凄い車両達はこの後1963~1965年にかけて廃車されてしまった。
昭和37年頃の時代は、どこの小私鉄でも戦後を生き延びた凄い車両達が最後を迎えていた時代であったような気がする。
この小松線も、この後に北陸鉄道金石線のモハ3000形5両に置き換えられると平凡な路線になってしまった。

小松線の小松駅. 駅には「ハニベ厳窟院大佛 北陸鉄道」と書かれた看板が.1962.08.01

庫内に休む主役モハ1002は日鉄自動車製の全長11.8mの可愛いい電車.


サハ511(元金石電気鉄道の客車)


モハ501(白山電気鉄道生え抜き) 503はボギー貨車に改造されて加南線にいた.
ブドウ色の単色 小松製作所プレス工場の脇にあった小松駅


サハ511(元金石電気鉄道の客車)

モハ502(白山電気鉄道生え抜き) このツートンが西鉄似カラーか?

これは凄い! 電車崩れの客車サハ571(元温泉電軌デハ15)

小松駅全景


直ぐ近くにある尾小屋鉄道の機関庫ではDC121が出動するところで
落着いた濃淡緑に塗られた旧塗装が印象的であった.

2012年4月25日水曜日

歌川模型店

吉祥寺散策について別のお出かけブログ(日記)によく取上げたことがありました。
過去のブログを改めて読み返してみると消えゆく昭和の街並のことが思い出されます。

吉祥寺ハモニカ横町で歌川模型店があったのは遠い昔のこと? 一体いつ頃まであったのか?
写真を撮ったのは2005年3月が最後でこの年に店は郊外へ引っ越してその後そこも閉店したようです。
かってこの通りには民芸酒蔵「峠」もあり、この様な店が最近まで存在していたことが信じられない。
いかにもハモニカ横町らしい通りであった。

今の風景.歌川模型店があったところにはラーメン店(塩トマトラーメン旗)が.
今もある「みんみん」餃子店から位置が分かる.2012.04.24


ここに昔ながらの歌川模型店があった.  2005.03.03
となりの店(果実の看板)は今も残る.
ショーウンドウには子供の頃に憧れた3線式0番模型などが並んでいた.



今の風景.民芸酒蔵があったところは新業態の今風の店に.2012.04.24
ここに民芸酒蔵「峠」があった. 2005.03.03


2012年4月23日月曜日

西大寺鉄道8 ボギー気動車キハ6

廃線間際まで活躍していたボギー車のもう一台がキハ6でなんとも平凡な気動車です。
有蓋貨車の牽引はもっぱら流線形のキハ7の方でした。

 
西大寺市駅を発車したキハ6  1962.7.29

 
西大寺市駅風景
西大寺市駅では車両ばかり撮ってしまい駅舎が全く写ってなく惜しい事をした.


まもなく開通する国鉄赤穂線(1962.9.1開通)を横目に見て走るキハ6 
広谷-西大寺市 1962.7.29

2012年4月22日日曜日

西大寺鉄道7 ボギー気動車キハ7

また一気に50年も昔の西大寺鉄道にもどします。
今年の夏には西大寺鉄道は廃線50周年になります。


西大寺市へ延びる地方私鉄唯一の914mmゲージの軌道.  1962.7.29


この日の丸型気動車キハ7は有蓋貨車を牽いて往復していた.
極小アーチバー台車を履いた貨車に一体何を積んでいたのだろうか.
まもなく廃線というのに.


角型キハ6と丸型キハ7のバケットが並んだ財田駅の交換

キハ7の大アップ   財田

 

キハ7の車内ではバスと同じ制服を着た運転手さんが新聞を読んで発車を待っていた.
ひと気のない後楽園駅のノンビリとしたひと時.


西大寺市駅があったところに保存されているキハ7.  1998.2.16

2012年4月20日金曜日

いすみ鉄道 3年前の桜満開

いすみ鉄道の桜、今年も桜が開く前に現地に開花確認に行ったのに
いざ桜本番の週に用事が入ってしまい、とうとう満開時に行けませんでした。
満開の画像は3年前の桜です。
今年の桜満開時の春爛漫は果たしてどうだったのでしょうか。

総元-西畑  2009.4.10   画像クリックで拡大

総元-西畑  2009.4.10 

    いすみ鉄道の春 午前の部  総元-西畑  2009.4.10 

2012年4月12日木曜日

お知らせ

明日13日より1週間ほど不在になりますのでブログ更新をお休みさせて戴きます。 katsu

西大寺鉄道  砂川鉄橋を行くキハ7  広谷-西大寺市  1962.7.29

2012年4月10日火曜日

西大寺鉄道6 田んぼの中の駅

画像クリックで拡大

田んぼの中の広谷駅.駅舎は民家そのもの、駅らしいのはホームと信号機くらいで、改札口や待合室はなく、民家の軒下にあるベンチにはおばさんが数人。駅の庭には鶏小屋と犬小屋があり、田んぼに干された洗濯物など、生活感が漂っていた。使われなくなった腕木式信号機、草に埋もれた側線、列車を待つ母と子など長閑な時間が過ぎる。1962.7.29



田んぼの中の大師駅.この駅も広谷駅と同様に民家そのもので待合室はなく、ホームに面した軒下にベンチ(縁側?)と切符売り場の小さな窓口があった。自動販売機などなかった時代、真夏の炎天下ではよくこんな駅で水を飲ませて頂いた。


大師 - 財田

2012年4月9日月曜日

西大寺鉄道5 西大寺の車庫

一昨年7月に 1.後楽園駅 2.財田駅 3.西大寺市駅 4.ホギー客車ハボ と西大寺鉄道をアップしましたが、引き続きアップしてみます。
西大寺の車庫全景. 左が客車庫で右が機関庫. 1962.7.29

1962(昭37)年夏、廃線間際の西大寺の客車庫には普段使われない客車などが無数詰め込んであり、目指す単端はよく知られた角ばった単端キハ3~5、 その前面を流線形にしたキハ1、2、  ボギー気動車を真っ二つに切って生まれたキハ8、10、こんな単端が車庫に休んでいた。キハ1、2だけは客車庫の奥に確認できたが狭くて暗く写真が撮れる状態ではなかった。
奥に押し込まれたキハ1、2を除けばこれらの単端は廃線直前まで動いていたようだ。特にキハ8、10はまるで自由型オーバースケール模型のようなユーモラスな単端で、地方私鉄にこのような単端が存在したことが驚きである。


後ろのキハ1型(3)に較べて大型で腰高なキハ8型(8). 機関庫棟

キハ1型(5)                  キハ8型(10)
以下の画像はクリックでアップします


キハ1型(5)


                       飲料水タンクの運搬車     元菊池軌道のシングルルーフ・ロングボディ客車


給油設備と単端の転車台


貨物ホームや引込線には有蓋貨車が何両も居てこの日も活躍していた。

終点 西大寺市駅の全景    1962.7.29

2012年4月7日土曜日

石神井川の桜

今年もやってきた石神井川の桜満開と青空、昨年と同じ4月7日に満開となった。
石神井川沿いに桜見物の人々で賑わう一年で最も華やかな一日。



満開の桜 西武鉄道新宿線 東伏見 - 武蔵関 2012.04.07


石神井川沿いに桜見物する人々.  東伏見 - 武蔵関

2012年4月6日金曜日

いすみ鉄道 桜の蕾が膨らみ始める頃

3年ぶりに春のいすみ鉄道を訪れてみた。
田圃の水が温み桜の蕾が膨らみ始める頃、
今年も西畑では鶯の鳴き声が聞こえ蛙の合唱が賑やかになってきた。
まもなく桜満開を迎えるが、今年の菜の花はピークが過ぎたせいか黄色に全く精彩がない。
数年前は桜満開の時期でも菜の花が黄色の絨毯のように咲き乱れていたのに。
画像クリックで拡大

桜の蕾が膨らみ始めた.  総元-西畑  2012.4.5


蛙の声が賑やかで桜の満開も近い.  総元-西畑


新型車は濃いUVカットガラスでサングラス状態. 国吉-新田野
車内から楽しむ春の景色は色付になってしまい、外からは乗客の表情が見えなくなってしまった。


水温む春の田圃. 上総東-新田野