案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年7月31日土曜日

西大寺鉄道3 西大寺市駅

終点の西大寺市駅は、広い構内がありその先に車庫があった。普段使われることのない沢山の車両で車庫は満杯であった。ボギー客車だけで21両も保有している。これだけ多いのは年一度の西大寺裸祭りの客輸送のためだそうだ。 単端はキハ3~5とキハ8、10が休んでいた。巨大な単端キハ8、10は超ゲテモノである。

終点 西大寺市駅全景    1962.7.29

台車がとんでもなく小さいので、地べたを這いつくばって走る感じがいかにも軽便。
車輪径420、軸距840のアーチバー台車で、0番模型で作るのに最適。
木造ボギー客車群



ボギーのガソリンカーを真っ二つに切って、2両の単端としたキハ8と10。
巨大な流線型の単端 キハ8 と、その後のキハ5が可愛らしい。

  トボ + ワボ1 
  

2010年7月30日金曜日

西大寺鉄道2 財田駅

後楽園と西大寺の中間点あたりで山陽本線に接続する。
山陽本線の東岡山駅に隣接して西大寺鉄道の財田駅があった。
国鉄の貨物ホームと軽便の貨物ホームが繋がっていて、このホームで貨車の荷物が積み替えられた。昭和37年の廃線直前でも混合列車が走っていたので、最後まで貨物があったのであろう。                                                    1962.7.29


財田駅の全景

列車交換風景。バケットに自転車が積まれたキハ6と、右はキハ7。


  ワボ9

2010年7月28日水曜日

北陸鉄道能登線3 真夏の羽咋

片側バケット付キハ5162+単車コハフ1501の列車が、羽咋を発車し田んぼの中をやって来た。並行する国鉄七尾線の線路が奥に見える。 羽咋 1962.08.02


羽咋川の鉄橋を渡った先を左にカーブし七尾線をオーバクロスし、能登の海岸線へと向かう。夏休
みで海水浴客なのか、車内は満員で気動車のバケットまで乗客が溢ふれていた。

港町にある「滝」駅。海が近い。真夏の炎天下、草生した駅が静まり返っていた。  


片側バケット付で車体が大きいキハ5201が顔を見せた。
滝駅を過ぎると能登の海岸に接近する。  滝

2010年7月27日火曜日

北陸鉄道能登線2 真夏の羽咋

国鉄七尾線の羽咋から三明まで、北陸鉄道唯一の非電化線が走っていた。
終点の三明は松本清張の「ゼロの焦点」の舞台となった能登金剛の近くである。
1962年8月、金沢から七尾線に乗り羽咋で降り、北陸鉄道能登線を訪問する。
能登線は途中高浜あたりまでは穏やかな海岸線が続く。
波打ち際ぎりぎりを魅力的な気動車が走っていた。

1962年8月2日
尾小屋鉄道訪問の翌日、金沢から朝一で羽咋へ向かう。
国鉄七尾線に隣接した北陸鉄道能登線の羽咋駅構内には、様々な気動車が構内にたむろし、
1両1両みな外観が異なる個性豊かな魅力的な車両ばかりであった。

朝日を浴びた羽咋駅構内の全景、片側バケット付気動車が出発の準備に取り掛っている。

前面4枚窓両端バケット付キハ5151+コハフ3001の上り列車が
到着し、乗客は七尾線に乗換える。 


両端バケット付トレーラのコハフ5301翌年動力化され、
その後、筑波鉄道へ転出しお馴染みのキハ541に。


車庫に休んでいた前面3枚窓両端バケット付キハ5001が出動し、今日の準備に。

厳ついキハニ5102、出発前のひと時

2010年7月26日月曜日

尾小屋鉄道 真夏の軽便

北陸本線の小松駅から少し離れたところにある新小松から、尾小屋まで走っていた尾小屋鉄道。始めての訪問は1962年8月始めの真夏であった。
新小松の駅で待ち受けていたのはバラエティに富んだ客車編成で、これを牽引するDLはグリーン濃淡に塗られた旧塗装で、その時代らしい落着いた雰囲気を醸し出していた。
炎天下を軽便列車に乗り尾小屋へ向かったが、全開の窓やドアから吹き抜ける風で車内はとても快適であった。最後尾に連結されたのは小さな木造四輪客車ハフ3。このオープンデッキに立ち、独特のレールジョイント音を聞きながら眺める沿線風景は、私にとってどんな豪華列車にも勝る最高の贅沢であった。平地から山間へ入り、川沿いの木立の中を走りトンネルを抜ける沿線風景に、再訪を決心した。

DC121+ホハフ3+ホハフ7+ハフ1    新小松  1962.8.1

新小松を出発し、町工場の脇を尾小屋へ向かう列車
3両の客車はほぼ満席である。

西大野駅の交換風景

一面何もない自然のど真ん中に延びる軽便のレールと、金平駅

静まり返った山間の尾小屋駅

終着尾小屋駅で機関車を付け替え、発車を待つ上り列車。

2010年7月17日土曜日

淡路交通3 ガソリンカーを改造した電車

自社ガソリンカーのキハニを改造してエンジンに代えモータを床下に吊り下げ、ガソリンカーのプロペラシャフトを使った直角カルダン駆動だったモハ2006~2009 4両は、まるで模型の駆動方式みたいな電車であった。その後 改造遍歴があり、1両ごとに外観や駆動方式が変化に富んだ興味深い電車であった。

モハ2006。プロペラシャフトドライブをやめて、普通の釣り掛け式駆動のブリル台車に履き替えた。側面はキハニ当時の3扉のままで角ばったスタイルは、他の3両とは全くイメージが異なる。
モハ2006

モハ2007。 2台の強力モータを床下にぶら下げて気動車用菱枠型台車に
プロペラシャフトで駆動する直角カルダン車。この日は準急に使われていた。
モハ2007  納~二本松


右のモータから車輪を駆動するプロペラシャフトが見える

右のモータから車輪を駆動するプロペラシャフトが見える


モハ2008。  丸みを帯びた正面と側面2扉は2007と同様な外観。この1台のみ
は試作垂直カルダン駆動方式を組込んだ台車を履いている。
直角でも平行でもない、垂直カルダン駆動とは興味深い構造だ。


モハ2009。 側面の扉を1つ埋めて2扉車に。他の3両に較べ全長が短く
外観も異なる。プロペラシャフト駆動は使われていたのであろうか。
撮影 1965.8.2~3

2010年7月14日水曜日

島原鉄道

昭和42年の島原鉄道。
島原城から歩いて直ぐのところに島原鉄道の島原駅があった。街の風景も今では一変してしまっていることだろう。春の陽を浴び、のんびり走っていた島原鉄道は、今も諫早からこの先の島原外港駅まで走っている。

島原駅  1967.3.3

島原駅
島原駅
島原城から島原の街と駅方面を見る。遠くに島原湾の海が拡がる。
島原城

2010年7月12日月曜日

上武鉄道のピッツバーグ

4月30日にアップした上武鉄道(旧日本ニッケル鉄道)です。

1962年12月、本線で待ち構えていると森の中から登場してきたのは米国ピッツバーグ社製の古典ロコ7号機であった。他の地方私鉄では見たこともない、大径動輪でアメリカンスタイルの1Cタンク機に目を奪われた。西武化学の構内では英国製古典ロコに混ざって、アメリカンスタイルの姿が異色の存在であった。
西武化学前-寄島  1962.12.23

ピッバーグ7号機

2010年7月7日水曜日

頚城鉄道2 夏の新黒井駅

頚城鉄道。
1962年の夏、新黒井の駅は軽便列車に乗る乗客でけっこう賑わっていた。
また、小さな貨車で貨物輸送もやっていた。
大人も子供もこんな列車に乗れるのにワクワクしたことであろう。
駅前には、まだ木造の電話ボックスがあった。
1962.8.3



訪問のだびに寂れ、最後はこの駅も閉鎖され、
国鉄との接続がなくなり百間町発となった。
1968.8.18

2010年7月6日火曜日

西大寺鉄道1 後楽園駅

岡山の後楽園から裸祭りの西大寺市まで11.4kmを走っていた3フィートゲージの軽便鉄道があった。1962年7月に訪問後、1か月程して廃線となった。
岡山後楽園の一角に「西大寺市行きのりば」と表示された後楽園駅があった。うす暗い本屋に入ると気動車が発車を待っていたが人影はなかった。2'6''ゲージではないが軽便の細いレールとナローゲージに感激したものだった。
後楽園駅    1962.7.29


発車を待つキハ7     後楽園駅