案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年6月29日火曜日

三山線の終着駅 間沢

モハ107とモハ103→クハ化     1971.5.3
羽前高松から寒河江川に沿って30分程走ると終点間沢に到着する。間沢駅の先には山が迫り、ここから更に月山、湯殿山へと道は続く。月山に向かうには中途半端な終点だが、歓迎「月山夏スキー」の看板があった。 この頃は急激なマイカー普及の時代で、この3年後1974年11月に廃止された。鉄道撮影も車を使うようになり便利になったが、私の地方私鉄撮影も終焉を迎えていた。

モハ110形

モハ106

残雪輝く朝日連峰を背景に行く三山電車。 1971.5.3

果樹の花と月山

2010年6月28日月曜日

山形交通三山線

2012年7月22日 画像差替え

奥羽本線のC57と仙山線のED17が並ぶ山形駅.1966.3.6
ここで国鉄左沢線に乗換えて羽前高松へ向かう.

左沢線羽前高松駅に降りると「三山電車のりば」に電車が待っている。

 
 
羽前高松駅  1966.3.6
山形から国鉄ローカルの左沢線に乗り、羽前高松で降りると三山線羽前高松駅があった。ここから月山の入口 間沢まで、月山の山並みを背に果樹園の中をのんびり行く光景は、5月連休の頃が絶好であった。始めて訪問した3月初旬は、まだ寒々しい冬の光景で、左沢線ホームの脇に「三山電車のりば」の看板を掲げて電車が待っていた。

まだ雪が残る3月始めの果樹園を行く。

モハ106


モハ110形

2010年6月27日日曜日

C13がいた片上鉄道


C13  和気  1962.7.28

片上鉄道は、同和鉱業柵原鉱業所がある柵原から山陽本線和気を経由し、赤穂線の備前片上まで鉱石輸送が目的の鉄道であった。
1962年の訪問時、C11と片上鉄道だけにいたC13が活躍していた。確か樺太鉄道のテンダー機をタンク機に改造した記事を読んだような記憶がある。大変珍しい蒸機C13にとりつかれ模型製作に取り組んだことがあった。

交換駅のキハ3004

2010年6月25日金曜日

9両の蒙古の戦車

蒙古の戦車は9両いて、それぞれカタチが異なる個性豊かな機関車であった。袋井駅で確認できたのは、DB604、DB607、DB608、DB609、DB601の5両であった。他は新藤枝駅や相良駅側線で確認することができたが、DB603だけは出会えなかった。

詳細はこちらにあります。

DB604    '1963.4.4


DB608 袋井駅 

袋井駅構内のDB609。 向こうにDB607が見える。  1967.7.9

2010年6月24日木曜日

蒙古の戦車が牽く列車

静岡鉄道駿遠線。
始めて訪問した1963年4月は、駿遠線の情報などは無くどんな軽便か行ってみないと分からない状況であった。袋井駅に、蒙古の戦車の愛称があるDB(蒸機足回り流用した自社改造機)が牽く列車が次々とやって来たのには驚いた。それと車両の台数・バリエーションが多く(軽便数社分以上?)、営業キロ数からも云っても堂々たる大軽便であった。



東海道線袋井駅の脇にはDB604、DB608が牽く2編成が発車を待っていた。1963.4.4



袋井駅構内のDB609

2010年6月23日水曜日

福島交通軌道線3 聖光学院前

湯の町へ向かう飯坂東線から伊達駅前へ向かう分岐点が聖光学院で、長岡分岐点と同様に急カーブしたデルタ線がある。デルタ線の急カーブ上にお客を乗せた「湯の町」行き電車が発車を待っていた。
1966.12.31
聖光学院前
聖光学院前
デルタ線の真ん中に「聖光学院前」の看板を下げた待合所小屋がある。

2010年6月21日月曜日

雄勝線 西馬音内電車区(続)

西馬音内電車区で見た古典客車の次は、魅力的な電車です。

梺へ向けて発車して行くデハ6  西馬音内  1964.8.6 ポップアップ

構内入替作業中のデハ3とデハ1

元都電の車体を使った デハ5


元日立電鉄の電車でトレーラ化された ホハフ5


西陽を浴びた西馬音内駅には、古典車がゴロゴロと。二軸客車の車内はお客で埋まっている。あと10日もすれば幻想的な西馬音内盆踊りが始まるが、この西馬音内電車区もまた幻想的な世界であった。

2010年6月19日土曜日

雄勝線 西馬音内電車区 リニューアルした旧作

5月8日にアップした羽後交通雄勝線の車両達について。

雄勝線西馬音内駅に西馬内電車区があり、良く整備が行き届いた古い車両が様々いたのが印象的であった。車庫の中では古典2軸客車ハフ11とハフ13が整備中で、まるでピカピカの新車のようであった。
どの車両も薄汚れてくたびれたようなところはなく、車体がチョコレート色に輝き、足回りもしっかりと黒光りしていたのには驚いた。
整備中のハフ13   1964.8.6  ポップアップ

古典2軸客車ハフ11(明治41年製)
入替作業中のデハ3と、その右にホハフ2(明治43年製)


2010年6月18日金曜日

田園鉄道(続) 宮城中央交通若柳駅

東北本線石越駅から二つ目の若柳に車庫があった。1966.3.1

お目当ては凸型電機ED20形で、丁度2両が休んでいた。軽便鉄道時代の小さな車体はそのままに、足回りを762→1067mm軌間に拡大改造した姿が模型のようで愉快であった。
車体幅より台車の方が幅広い。

3年前の2007年3月末に廃線となった「くりはら田園鉄道」は保存活用に向けての整備が着々と進み、若柳駅の施設が復元されたのには目を見張ります。
先日6月13日には栗原市が主催して一般公開「くりでん乗車会」が開催されたそうで、この車庫があった若柳駅は地元の皆さんや鉄道ファンに永く愛され続けて行くことでしょう。



2010年6月17日木曜日

田園鉄道

宮城中央交通(栗原電鉄)、その後の「くりはら田園鉄道」
東北本線石越駅から細倉まで走っていた。
1955年に1067mmゲージに改軌された元ナローゲージ鉄道。
訪問した1966年、元ナローから改軌された凸型電機ED20形が大きなパンタを振り上げて活躍していた。
「くりはら田園鉄道」名の通り、まさに一面田園地帯を行く鉄道であった。
1966.3.1

2010年6月16日水曜日

栄枯盛衰 松尾鉱山(続)

昭和41年の訪問後、5年程で幕を閉じた松尾鉱山と鉄道の悲しい歴史から、もう少しアップしてみました。


東八幡平駅の構内から雄大な岩手山を見る。1966.03.02

東八幡平駅の構内風景。 

沿線に人家は少なく雄大な開拓地のようであった。 

まるで開拓地のような風景の中を、客車1両牽いた列車が勾配をゆっくりと登って行く。 

東八幡平駅の構内作業をしている凸形電機ED251。

2010年6月14日月曜日

栄枯盛衰 松尾鉱山


岩手山をバックに雄大な景色の中を行く客貨混合列車 

国鉄花輪線の大更駅から、硫黄採掘の松尾鉱山がある東八幡平駅まで、松尾鉱業鉄道が走っていた。乗換駅大更のホームには「国立公園八幡平登山口」の看板があり、鉱山町に住む従業員や家族の足だけでなく、八幡平を訪れる観光客の重要な足でもあった。しかし繁栄した松尾鉱山もこの3年後に廃坑となり雲上の楽園とうたわれた鉱山町も消滅し、鉄道は1972年に廃線となった。

(松尾鉱山のこと)
東洋一を誇る硫黄鉱山が栄え、昭和30年頃は標高1000mの地に鉱山町(雲上の都市)が栄え、その後急速に衰えて倒産、廃坑、廃墟となる悲惨な松尾鉱山の歴史。我々が訪問した昭和41年、この鉄道は活躍していたものの、悲しい廃墟へ向かっていた。



終着駅 東八幡平 。1966.3.2
松尾鉱山で栄えた“雲上の都市”はこの山の上に。 

2010年6月11日金曜日

廃線迫る江若鉄道 三井寺下駅

江若鉄道。
琵琶湖左岸を行く気動車王国、江若鉄道。国鉄湖西線の建設に伴って1969年11月1日廃止された。
訪問したのは、廃線一ヵ月 10日程前の10月で、秋の陽の寂しいたそがれ風景であった。車庫のある三井寺下の駅には、掃除をしている駅員だけで乗客の姿が見えなかった。
三井寺下     1969.10.19

2010年6月10日木曜日

和歌浦方面を訪ねて

南海電鉄和歌山軌道線。

翌年の夏、東和歌山から和歌山軌道線に乗って和歌浦方面を訪ねてみた。海南行きの電車が「和歌浦口」近辺になると松林が見え海が近いことが分かる。 1965.8.4


海南線の「和歌浦」。ここから左手に海の方に向かうと、
和歌浦があり妹背山と三断橋の名所があった。


海南線の「和歌浦口」で分岐した和歌浦支線は1.1kmで終点「新和歌浦」に到着する。

終点「新和歌浦」は魚市場や、みやげ店が並ぶ漁港の街であった。


和歌浦の入江と、妹背山にかかる三断橋