案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年5月28日金曜日

銚子のポール電車

1963年夏、ポール電車デハ201(木造)と元鶴見臨港のデハ301が活躍していた。可愛いハフを従え、終点外川駅では付け替えをやっていた。笠上黒生駅での交換風景の画像を見ると、車内は満員盛況である。

観音-本銚子間の森の中を行くデハ201      1963.6.31

笠上黒生駅でデハ301とデハ201が交換。

外川を出発したデハ301の混合列車。

2010年5月27日木曜日

銚子のミニ凸電

今も健在で人気の銚子電鉄。
車両も今ではすっかり変わってしまったようである。
1963年頃は魅力ある車両がいろいろと活躍していた。
銚子と言えばミニ凸電デキ3、まずはこんな光景から。

銚子駅  お客を乗せた単車ハフ1と2が発車を待っていた。1963.6.31

仲の町駅      ポップアップ

2010年5月26日水曜日

金石線の風景

北陸鉄道 金石(かないわ)線。
こちらは金沢駅の裏手にある中橋から大野港まで走っていたが、1971年に全線廃止された。
長田町から金石まで金石街道の脇を一直線に走る退屈な景色であった。ところが45年後にプリントしてみると、なんとも魅力的な光景が写っていた。金石線の特徴ある珍品車両も魅力的である。

何気なく撮ったが、1950年頃のクライスラー・ダッジ?みたいな車が
まだ動いていた時代だったようだ。モハ3000形 1964.12.31

モハ1300形が牽く貨物列車が道路わきを走る。

EB123が牽く貨物列車。  金石

2010年5月25日火曜日

浅野川線の風景

北陸鉄道 浅野川線。
浅野川線は今も金沢駅前から内灘まで走っているが、1964年当時も内灘まで は内灘の先の粟ヶ崎海岸まで 走っていた。1964(S39)年の大晦日は金沢市内線、金岩線、浅野川線と北陸鉄道の3線を訪問した。金沢駅前で浅野線に乗り終点粟ヶ崎海岸 内灘まで行き、沿線を歩いてみた。

まずは浅野線のこんな風景から。 1964.12.31


終着駅 粟ヶ崎海岸 内灘は何もないところであった。

大野川を渡る。 粟ヶ崎ー蚊爪

2010年5月24日月曜日

大晦日の金沢市内線

北陸鉄道 金沢市内線。
金沢市内に北陸鉄道の路面電車が各方面に6系統走っていたが、1967年2月に全廃された。
路面電車は年末の街が面白い。金沢市内を訪問したのは1964年大晦日であった。

朝の金沢駅前。北陸本線のSLの煙たなびく駅前に、単車モハ300形とツートンカラーのモハ2000形がいた。1964.12.31














橋場町分岐点

金沢城 

兼六園裏の坂を登る、3系統のモハ2300形。

2010年5月22日土曜日

善宝寺の田舎電車

庄内交通 湯野浜線。
羽越本線の鶴岡と日本海沿岸にある「湯野浜温泉」を結ぶ電車。1975年に廃止された。
1966(昭和41)年2月、運よくこの鉄道で最も魅力的な古老モハ7(元京王電気軌道)が単行で往復していた。モハ7の深い屋根はダブルルーフを埋めてシングル化したらしい、この独特のスタイルはまさに田舎電車の魅力。庄内交通と言えばイメージされるのがこの田舎電車と善宝寺駅、そして湯野浜温泉である。地方私鉄の魅力満載の鉄道であった。


2010年5月21日金曜日

鹿児島市電 上町線

1967年3月の鹿児島市内風景。
モノクロ画像なのに、脳裏に車体の緑と橙の南国カラーが残ります。

大学病院前を行く309(元都電)。
手前は私学校跡がある鹿児島城(別名、鶴丸城)跡。1967.3.1

当時、市役所から分かれて清水町まで行く上町線があった。市役所前 - 大学病院前 - 岩崎谷 - 長田町 - 竪馬場 - 柳町 - 春日町 - 清水町。岩崎谷~長田町間で鹿児島本線をオーバクロスしたところにあった岩崎谷電停に403(元都電)が。

薩摩義士碑の前を行く310。 大学病院前~岩崎谷
だだっ広い道路を301が行く。昭和42年、まだ車が少なかった時代か?

2010年5月19日水曜日

井笠鉄道の神辺支線

軽便では有名な井笠鉄道。
1971年の井笠全線廃止に先立つ1967年4月、井原から国鉄福塩線神辺までの神辺支線が廃止された。訪問した1962年の夏には荷台付ボギー車ホジ7と、片荷台付ボギー車ホジ12が神辺線で元気に活躍していた。この神辺線は高屋~神辺間の神高鉄道と合併したもので、神高鉄道から単車の気動車ジ14~16を引継いでいる。

本線の終点井原駅を発車したホジ7の列車は、右へカーブして本線と分かれ神辺へと向かう。車庫の中には単車ジ16が休む。1962.7.30














国鉄福塩線と井笠鉄道が並ぶ神辺駅。国鉄に較べ軽便のホームの低さがよく分かる。軽便の低いホームに「井笠線のりば」の看板が見える。すぐ脇にはこの地方独特の白壁の建屋が。ホジ12は客車を付替えると出発していく。
















軽便の単車としては、大きく堂々としたジ14とジ15。
 神辺線廃止直前の「くじ場」車庫。1967.3.8

2010年5月18日火曜日

大分交通 別大線

日豊本線の大分駅前から別府市を通り亀川駅前までを結ぶ路面電車の別大線。大分市街を抜けるとその殆どが別府湾の海沿いを走ります。1972年廃止。

日豊本線と並行して走る。     1967.3.4

別府温泉の湯けむりが見える、両郡橋電停。

東別府駅前電停。 100型と150型が活躍していた。

2010年5月15日土曜日

名所 耶馬渓を行く

大分交通耶馬渓線。
日豊本線中津駅から山国川沿いを守実までを結ぶ。
青の洞門、耶馬渓の風光明媚なロケーションを魅力ある車両達が走っていた。

羅漢寺駅に到着する客貨混合列車。 1967.3.5

雨上がりの山国川橋梁を行く。羅漢寺ー洞門 青の洞門はこの近く。

名所 青の洞門。遠くに小さく耶馬渓線の鉄橋が見える。

2010年5月11日火曜日

西那須野の小私鉄

東野鉄道。
東北本線西那須野駅から黒羽に至る鉄道。
訪問した1966年12月は、9月の台風により破壊された蛇尾川橋梁の復旧工事中で、西那須野と大田原間を往復していた。終着駅黒羽は動かない車両達で静まりかえっていた。この直後に復旧したものの、2年後の1968年12月に廃止された。

 大田原駅には不通区間の開通予定日が張り出されていた。                    1966.12.30

大田原ー大高前 キハ501  


元五日市鉄道からきたキハ501
静まりかえった終点黒羽駅の風景。DC201、 ハ31
              

2010年5月9日日曜日

東京近郊の小私鉄、流山電鉄

常磐線馬橋から流山まで、今も活躍している流山電鉄。
35mmカメラを買ってもらい始めて撮ったのがこの鉄道だった。
馬橋は東京の近場とは言え、えらい遠くまで来た感じがした。
ここでも駅の前はどこまでも続く田畑、今とは全く違う光景だ。

馬橋駅  モハ103  1962年3月

終点の流山駅 モハ105  モハ100形が主力の時代。

馬橋駅で貨物入替えに使われていた森製作所製DB1。
駅の向こうは一面の田畑で何もない。

2010年5月8日土曜日

軽便の佇まい

6 コメント 

1 – 6 / 6
匿名 匿名 さんは書きました...
軽便のたたずまいは地域の住民の足として活躍した最後の時期ですね。のどかな牧歌的な光景に安らぎを覚えます。人がいて鉄道があるのです。まだ世の中、静かな時でゆっくりと流れる時間を1枚の写真から感じます。
無機質な写真からは何も時代の流れと当時の人々の生活が感じられません。生活感のある
Katuさんの写真似は共感を覚えます。
                青蛙
2010年5月8日 5:11
 削除
Blogger katsu さんは書きました...
青蛙さん
ありがとうございます。
この軽便も最後の頃です。
今になって想えば、当時は
ほんとうにのどかな時代でしたね。
よき時代の軽便を体験できたことは
幸せでした。
2010年5月8日 5:36
 削除
匿名 築館伊豆郎 さんは書きました...
私も仙北鉄道を調べている者で、当時の運転士や築館駅近辺で、築館線を利用した方に話しを聞くなど、そして探検隊のように築館線の軌跡を巡るなどして、自分なりにまとめております。このたびの写真を拝見して往時をイメージするには大変参考になり、また長年願っていた両親の故郷の景色を垣間見ることができ長年願っていた夢が叶った思いがしました。しかしながら時代の流れとはいえ、廃線になったのは本当に残念でならないと考えています。大変貴重な写真をありがとうございます。
2011年2月15日 19:20
 削除
Blogger katsu さんは書きました...
築館伊豆郎さん
コメントありがとうございました。
築館線ですか!
私にとって築館線は憧れの夢物語のようです。
仙北鉄道訪問時、瀬峰から続くあの廃線跡を何故追わなかったのか、残念な想いをしています。築館線の調査を是非とも拝見したいものです。
2011年2月16日 11:13
 削除
匿名 築館伊豆郎 さんは書きました...
築館伊豆郎です。築館駅は、その足跡が辿れない箇所が登米線よりもかなり多く、「・・・だろう」という手がかりと、町の古老(主に同線利用者と元運転士)たちの話で調べてみました。以下、Katuさんは既に知っているかもしれませんが、まず驚いたのは、実はかつて築館駅から更に西にある一迫・花山方面へと延長する計画があったということを知りました。(これは予算等の関係で頓挫したようです)
さて、➀12kmの行程、築館駅(現税務署)を仮想出発すると、暫く直線を走りますが、その後、下り坂に差し掛かり、また平地へ、➁緩やかに右に進路が向くと進行方向の左車窓にはかすかに伊豆沼の景色が見えてきます➂そして更に右に進路が向くと今度はかなり長い直線を走り、④やがて緩やかな登坂、今度は左に進路が向くとトンネルに入り、➄そのトンネルを抜けると左側に山、右側には田園風景が広がり➅更に直線コースを辿りながら東北本線を潜り瀬峰駅に合流するという感じです。
今、遺構として残っているのは➀の近辺に車両を納めた車庫がその姿を見せてくれ、今でも倉庫として使っている模様です。➁については、現在、東北自動車道が横切っておりますが、駅からこの近辺そしてさらに下ると相当の段差があった感がします。④かつて何の気なしに築館と登米を行き来してましたが、まさか道路の下方に仙北鉄道のトンネルがあったなど知る由もありませんでしたが、よくよく見ると確かに写真に残されているコンクリート状の壁面が土砂に埋もれているのがわかります。➄はその奇跡は殆ど体を為さない程、景色が変ってしまい、ある所は川の下に、またある所は田んぼの畦道になっています。➅はその畦道から現在の県道に合流し、「藤里停留所跡地」と石碑が建ちやがて東北本線へと合流する具合だったそうです。また運手士だった方の曰く「瀬峰から出発していつも苦労するのは、そろそろ築館駅へという時、きつい登り坂なので滑り止めの砂を線路に撒くなど、時には車両を降りて先駆けて砂撒きしたんさ!」がとても印象的でした。今でもその方は瀬峰に元気で住んでいます。
追伸 登米市歴史博物館で購入した「仙北鉄道」の資料に、とても興味深い廃線路が記してあり、なんと約40kmに渉る私鉄「仙台鉄道」というものが、北仙台⇒西古川(現大崎市)を結んで鉄道が敷かれていたらしいです。今回は長くてすみません。
2011年2月17日 20:14
 削除
Blogger katsu さんは書きました...
築館伊豆郎さん
詳細なコメントをありがとうございました。
全く見たことのない築館線のことが目に浮かんで来ます。築館線のコメントと、ここを走っていたガソリンカー他をまもなくアップさせてもらいます。
2011年2月22日 12:42
 削除

雄勝線 ちみちのくのポール電車(元多摩湖線)

羽後交通雄勝線。
奥羽本線湯沢から西馬音内を経て麓までを結ぶ。

多摩湖線ブログでも取上げた、西馬音内のポール電車デハ6が活躍していた羽後交通雄勝線。1964年当時、素晴らしい古典車両が沢山在籍し、まるで動体保存鉄道のようであった。よく手入れが行き届いた車両ばかりでとても美しかったのが印象的。


羽後三輪駅 デハ6   '1964年8月 
弊ブログのタイトルの光景はこの雄勝線の羽後三輪駅である。
ポール電車が上り下り交換する駅には、ほのぼのとした光景が溢れていた。


羽後山田ー貝沢  デハ6+ホハニ2
湯沢に向けて満員の客を乗せ、夏の雄勝をのんびりと走る.
まだお客さんが多かった時代なのだ。電車と客車の長さがアンバランスなところが楽しい。

西馬音内駅  デハ6 (元西武多摩湖線モハ104)が牽く混合列車。

この車庫周辺にゴロゴロしていた珍しい古典車両は別途アップの予定です