案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2017年1月18日水曜日

さようなら水浜電車(3)

次は専用軌道に入って上水戸までの風景.

住宅すれすれに急カーブして走る路面電車らしい風景.

専用軌道区間にある砂久保町.

光台寺裏を水戸駅前へ向かう電車.上水戸-谷中

旧陸軍九七式軽貨車改造の無蓋車.
133号が車輪を上水戸に届けて浜田へ引き上げるところなのでしょう.

茨城交通鉄道線と接続する上水戸駅.正面の小屋の前を左右に鉄道線の線路が走る.

2017年1月17日火曜日

さようなら水浜電車(2)

田辺さんが追いかけた水戸駅前~上水戸間の最終日、ネガのコマ順に追いかけても場所当てクイズは難航、どうやら本社前から上水戸まで撮り歩いたようだ。愉快なのは、電車とともに仙台へ売られる車輪を載せて水戸の大通りを走行するこの日の光景があった。浜田車庫から引っ張り出してきたのだろう。

最後の日 1965.06.10


花束贈呈セレモニー 大工町

大工町  各地で路面電車が消えクルマ社会に突入した昭和40年.



133号が仙台へ転出する車輪を載せた九七式軽貨車改造無蓋車を牽いて上水戸へ向かう.
上水戸で解体し鉄道線経由で国鉄に入線したのでしょう.

上水戸へ向けて大通りから専用軌道へ入る.砂久保町-公園口

2017年1月14日土曜日

さようなら水浜電車(1)

水戸駅前~上水戸間最終日の水浜電車を田辺氏のアルバムから。
撮影: 田辺多知夫氏 1965.06.10

田辺さんの2回目の訪問は上記区間の最終日でした。

最後の日1965年6月10日の花電車と水戸駅前風景.

翌年もまたボンネットバスが見られた水戸駅前風景.

水戸駅前付近

水戸駅前付近

郵便局前

郵便局前

郵便局前の先の商店街でしょうか.

2017年1月13日金曜日

ある日の水浜電車 昭和39年(2)

素晴らしき水浜電車、昭和39年ある日の水浜電車を田辺氏のアルバムから。
撮影: 田辺多知夫氏 1964.04.13

次は浜田から大洗までの風景です。

谷田電停の風景
小さなホームに赤子を背負った母と子、踏切の先を見れば、藁ぶき屋根の民家、軒下に干された洗濯物、埃道を走るオートバイ、その先に休むオート三輪・・のどかな風景だ。

やがてやって来たガラ空きの水浜電車.

いかにも水浜線らしい風景 谷田~浜田
4月中旬の日を浴び、新緑が始まる頃の木立、低い植栽には春の花が満開。

谷田~六反田の長閑な田園風景

大洗海岸、電車はこの港町のどの辺りを走っていたのだろうか、当時の地図を見るとぞくぞくしてくる.

奇妙な行き止まり駅大洗を発車し松林の中を大学前へ向かう水浜電車.

 浜田車庫はこんなだったのか.

同型の123と124

RMライブラリー63巻茨城交通水浜線の表紙(カラー)に登場した123.

常磐線水戸駅16時5分

水浜線の帰り道に水戸線から撮った常総筑波鉄道岩瀬駅の夕方

2017年1月11日水曜日

ある日の水浜電車 昭和39年 (1)

素晴らしき水浜電車、昭和39年ある日の水浜電車を田辺氏のアルバムから。
撮影: 田辺多知夫氏 1964.04.13

 昭40年6月10日で上水戸駅前~水戸駅前間が廃止される1年前の水戸駅前付近風景。
この頃は上水戸から茨城交通鉄道線の大学前まで乗り入れがあった。
そして大学前~大洗直通もあった等、変化に富んでいた。
ここに写真はないが上水戸のジャンクションが大変に興味深い。


129
水戸駅前から大学前まで往復する135.バスが凄い.

上水戸発の大洗行133

 魅力的な126

129 浜田車庫近くと思われ、この大学前行は大洗発なのでしょう.

 127

138

2017年1月3日火曜日

新年

今年もよろしくお願い申し上げます

昨年も皆さまからのアクセス、コメントをありがとうございました。
スローペースとなりましたが今年もブログを続けていくつもりです。


頸城鉄道 大池  1970年

2006年に原宿で開催した軽便写真展から早や10年が過ぎ去りました。
あの時の1枚がこの日本の原風景↑
駅を発車したホジが森に消えてゆく、それを待って駅に現れた親子、遠くの畑に草をはむヤギ、夢のようなのどかな日本の生活があった頸城野でした。



明治村の駅

2016年12月28日水曜日

ブログ「編集長敬白」のラストラン

12月27日の最終日、予告通り23時59分にブログ「編集長敬白」最後の記事がアップされました。

これまでの全てを終える最終列車を見送るような感じがしたものです。

2005年5月にスタートし11年半に亘り楽しませて貰ったブログ、ほんとうにお疲れさまでした。



先日購入したRMライブラリー209号、これが最後の編集になるのでしょうか。


2016年12月25日日曜日

NHKテレビで紹介されたヒギンスさん

特集 米国人が記録した”東京の歴史”

昭和30年代の日本の原風景、地方私鉄と路面電車をカラーで記録したあのJ・ウォーリ・ヒギンスさんが日本に住んでおられるとは。昨日朝のNHKテレビの紹介で初めて知り驚いた。

余りにインパクトが強すぎて実はまだ写真集を買っていないのですが、この都電の踏切光景を見てやはり1~3偏は買わねばと思いました。昭和30年代の路面電車や地方私鉄をこのようなカメラアイで捉え、しかもカラーで撮影されたことがもの凄く、これを見てしまうと単なる鉄道写真集は見れなくなってしまいそう。


来年90になられるヒギンスさん